私は必要ない毛のせいで体育のプールの授業は避けてました。

元々水泳自体あまり好きではないのですが、必要ない毛がたくさん生えて来るようになって、余分に水泳の授業が嫌いになりました。

だからあまり授業に参加しなかったのです。

何かといつも所以を付けて休んでいました。

でも補泳の時があるので泳ぎますがそのケースに必要ない毛の処理をして泳ぐようにしていました。

ムダ毛に悩む女性

そうやって極力必要ない毛を人前に晒す機会を減らしたのです。

必要ない毛が多々ある事を自覚してからは現実に水泳が嫌いになっていました。

このずる休みのせいで、どんどん水泳が下手になって行って、実際ではほぼ泳げません。

これも必要ない毛の弊害かなと思っています。

やらないといけないケースにまったくやらなかったので、泳げなくなってしまったのです。

必要ない毛があるとこういったところが面倒です。

必要ない毛が薄らしたものだったら、私きっと水泳の授業を真面目に受けていました。

元々運動は好きな方ですしね。

必要ない毛が多かったせいで、このようにサボってしまって泳ぎが不得意になったのです。

もう実際に必要ない毛が恨めしいです。

必要ない毛を気にして水泳の時休む事はベストチョイスできません。

そのせいで一生泳ぎがうまくならず、泳げなくなるかもしれませんよ。

人並みに泳ぎが巧くになりたかったらサボらず水泳の授業はしっかり参加しましょう。

私は過去の水泳の授業をサボりまくった自らを悔やみしています。